05≪ 2018/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2014-07-02 (Wed)
一夜明けて、月曜日にかかりつけの病院に行ってきました。
前日もらったデータを持って行ったので
再度検査をする必要はなかったのですが
(↑本当はした方がいいけど、ストレスや負担がかかるため)
エコーだけもう一度してもらいました。

やはりかかりつけの先生の診断結果も同じ物でした。
4月にワクチンのため診察したときには、ほとんどなかった物が
2ヶ月でここまで大きくなると言うことは悪性の可能性が強い。
でも、肝臓の数値からいうと(GPT,GOTともに1000オーバー)
麻酔をかけることは難しいと思う。
抗がん剤治療をするにしても、検体ができない状態なので
種類がたくさんありすぎて、どれかこの子に合うか分からない。
分かるまでに負担がかかりすぎる。
治療としてはステロイドで様子を見るか(ステロイドでもやはり負担は大きい)
肝機能を高めるサプリなどで少しでもつらさを和らげられるようにするかの
2つになると思う。
と言われました。

フータは5歳4ヶ月、苦しい治療や薬、無理をして手術をしても
ここまで進行してしまった腫瘍だと完治することはないと思います。
そう考えると残りの時間を苦しい思いをさせて長生きさせるのは
飼い主のエゴなんじゃないかという思いがあり
(もちろん1日でも長生きして欲しい気持ちはあります)
旦那と相談して、つらさを和らげられるような治療のみで
病床をたたくような積極的な治療をするのはやめることにしました。

フータは今は自分でご飯を食べることはできませんが、水を飲んだり
ケージを開けると出てきて、よたよたしながらも部屋の中を探索したりしています。
プピプピをならせば、「クククッ」と言いながらくわえてどこかに運んでいきます。
遊べる時間は短いですが、絶対安静でケージに閉じ込めたり
ずっと抱っこより(もともと抱っこが好きじゃない。今おとなしく抱っこされているのが
しんどくて拒否できないだけなのかわからないため。寄ってきたら抱っこはしてあげます)
好きなようにさせてあげるのが一番なのかなと思います。


そしてくぅさんですが
脾臓がかなり腫れているのと、血液検査の結果GPTが1000オーバー
GOTも507と高いのですが、フータのような腫瘍などは見つからないと言うことで
肝臓の数値を下げるお薬をもらいました。
それと血糖値が44で、インスリの疑いもあるということでこちらのお薬ももらいました。
足下のふらつきはあるものの自分でご飯を食べて自由にしています。


残った時間を後悔せず過ごせるようにフェレさんたちに寄り添っていきたいです。


6/30 診察費
診察料        600円×2
血液検査(くぅ)    5400円
エコー(くぅ、フータ) 3780円×2
内服薬(くぅ)     1620円
内服薬(フータ)   1810円
                      計17590円



スポンサーサイト
| ニョロたちのこと | COM(0) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。